ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ

国方防虫化学株式会社スタッフブログ

近い将来ヒューマンからロボットに!?

十数年前であれば、実在さえもされていなかったと思えますが、近年では当たり前に存在されているようです。

また、そのインフラによって様々な企業も増えており、その様な記事がニュースでも取り上げられています。

その逆で、繁栄企業であっても時代の流れに阻まれてしまっていることも事実の様です。

接客はロボットが行なってくれる?

自分もインフラを利用して、使用頻度の高いインターネットでの買い物も、頻繁に行ってしまっております。

しかし、インフラを便利に利用している反面、それぞれの環境に依っては、人間に変わってロボットでのオートメーション化も進んでいる現在、職を奪われてしまっていることも事実の様です・・・。

さらに近未来の時代になってくると!?

貧富の差も、顕著になってくる様に思えるのですが、皆様は、近い将来、どの様にお考えでしょうか??

ブログにある画像をご覧いただいても、お分かりになるかもしれませんが、AI知能なども進化し、どんどん汎用価値も高まりつつあるだろうと思えますので、経費のかかる人材については、不要と判断される可能性も起こり得る様に思えます!?

それが、現実となってしまう前に、学校教育にしても、必然的に変化も必要だと思えますし、その変化に対応されることも必須だし、独自の発想を模索することが、唯一、人間に与えられた能力と受け止めなければならいのかもしれません??

とはいえ、どの様に思考して良いのかについては、全く、思い浮かびませんが・・・。

お盆も営業しております。

お盆でもお電話ください。

都会ではキイロスズメバチが増殖中!?

中四国内では、スズメバチが繁殖することは少ない様に思えますが、しかし、近い将来??

都会と同様な状況になることも、考えられのかもしれません!?

少し話が変わりますが、現在、ニュースなでもご確認いただけるかと思えますが、あの蟻「ヒアリ」!!

その他にも沢山の外来種の存在が確認されている亀、淡水魚などなど・・・。

逆に日本国内の在来種が、世界の所々で繁殖されてしまっていることも実在されているそうです・・・。

キイロスズメバチの繁殖能力が凄い!?

世界各国で輸出入が頻繁に行われている現在、致し方ない様にも思えますが、まずは、自然環境の重要性を、十分に認識することが大切なことなのかもしれません??

キイロスズメバチについても、同様なのではないかと思えます??

また、ツキノワグマに対しても、同様なことではないでしょうか!?

ニュースの内容では、昔であればツキノワグマ自体、人間を避ける様にしていたそうですが、今では、人間は「エサ」だと認識されてきてしまっているようです?

人間ほど進歩も速くはありませんが、しかし、一度でも学習されてしまうと、永劫的に本能として備わってしまうことも考えられます。

いずれの状況についても、「鉄は熱いうちに打て」同様、初期の段階で手を尽くしておかなれば、後手になってしまうと、最終的には手に負えなくなることも考えられますので、人類・子供のためにも、自然環境の保全に努めたいと思います。

猫から人間に感染死亡は世界初の事例。

一般的に猫と呼ばれる動物は、かなり可愛い存在だと思えます。

また、その可愛い存在の猫であっても、野良として活動されている状況も考えられる様にも思えますので、これからは、その野良に触れる時には、十分、気をつけなければなりません??

今回、初めてのことだと思えるのですが、人間に対して初のの感染死亡例が確認されてしまった様です。

感染されること自体、頻繁に起こることは少ない様に思えますが、予備知識として、脳裏の片隅にでも記憶を留められていても良いのかもしれません?

文明も、かなりの速さで進歩されてはいますが、その逆な状況になってしまうことも考えられますので、新たな病気が現れてしまうことについても、忘れてしまってはならない様に思えます・・・。

飼い猫以外の場合・・・。

今回のネットニュースに依ると、野外の草むらなどに生息するマダニが媒介し、感染症を引き起こした猫に噛まれたことで引き起こされてしまった様です。

特に猫の場合、犬よりも外出される頻度も高くなっている様に思えますので、飼い猫であったとしても、感染症に侵されることも多い様に思えます?

また、この度の死亡例に挙げられているのは「重症熱性血小板減少症候群」と言われるもので、哺乳類から人に感染し生命が奪われたのは、世界初の事例だということが、非常に大きな話題になってしまった模様です。

余談ですが、一般的な感染症として、初めて日本国内で発症されたのが、平成23年からだと言われており、今年6月末日までに266人が発症されたようで、その内の57名の方たちの生命を奪ったそうです。

死亡率として21%にも上る状況となっておりますので、十分、お気をいただきたいと思います。

深海魚と地震との関連性について。

国内で深海魚の捕獲や打ち上げを目撃されることもあり、国民から大きな地震が起こるのではないかという噂を耳にすることはありませんか??

深海魚が沿岸に打ち上げられたことについて・・・。

その関連を調査された東海大学のチームらが発表した内容によりますと、地震との関連性はないとの情報が発表されました。

深海魚などを捕獲・打ち上げられた箇所と、地震との因果関係は異なるとの見解については、一致していないと公表された模様です。

まずは、これでひとまず安心された方もいらっしゃるのではないでしょうか??

とは言え、過去のデータから照らし合わせた情報となるので、確率的に高いというだけとも考えられますので、100%確実とは言えませんが、しかし、心の拠り所にはなるのかもしれません?

ところで、地震についても、非常に怖いところではありますが、数日前に襲った大雨に対しても、被災された地域の皆様にいたっては、心からお見舞い申し上げしたいところでございます。

想像以上のはん濫状況を目にしてしまい、恐怖に慄いてしまう状況だった様に思えます。

基本的に想定内での環境に於いて装備もされているとは思えますが、自然というものは、その想定外の事態を起ってしまうこともありますので、人間とは言え、自然に対しては無力とならざるを得ないことなのかもしれません。

しかし、少しでも安全対策に備えるには、やはり情報を得られなければならい様にも思えます。

自分が子供の頃であれば情報を得る、それらの環境もなかった様にも思えますが、今では、様々な情報をリアルタイムに近い環境で、閲覧が可能になっている様に思えますので、その情報を上手に活用される様にし、少しでも安全対策の充実を図りたいと考えております。

気温も高まってまいりました!

数日前から、急に暑くなってまいりました!?

自宅でも、二日前あたりから夜寝る時、エアコンをして寝かせてもらっています。

夜間、睡眠不足な状況になってしまうと、仕事などの業務が非常にやりづらくなってくることも、予想されますので・・・。

また、寝室は夫婦同居となっておりますが、自分にとっては、若干、暑く感じられますので、さらに扇風機を自分のみ独占をして、就寝させてもらっています。

この様な暑さが気になる季節になってきますと、熱中症などが起こることも予想されるかと思えますし、更に湿度も高まる梅雨にもなっておりますので、尚更、ご注意いただきたいと思います。

気付いた時には・・・?

また、いつまでも若いつもりでいたとしても、気づかない内に体力も徐々に奪われてしまっているのですが、大丈夫と思い続けられることも多々あるのではないでしょうか!?

その油断が??

ニュースをご覧いただいても、なぜ、そうなる前に休憩をしないのかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか??

実は、ほぼ全ての方が、いざとなってしまったら!?

その時点で、すぐに対応が可能だと思っているのかもしれませんが、気づく前に気を失ってしまう場合もある様です・・・?

自分自身、熱中症ではありませんが、それと同様な経験をしたことがありますので、そんな状況になる前に!!

とは言え、実際的には、そうなる前に行動を起こせることもないように思えますので、時間指定をし、その都度、休憩することが望ましいように思えます。

これからの時期、こまめな休息と水分補給を実行する様、心がけることが、最も重要なことだと思えますので、ぜひ、お気を付けいただきますように・・・。

梅雨時の床下にもご注意を!

梅雨、そんな梅雨時に雨が降らなければ、穀物・野菜などもそうだと思えますが、しかし、その前に、まず困るのは飲み水、要するに、恵みの雨の時期にならなければならいのではないでしょうか。

しかし、台風ほどの雨で河川の氾濫などが起こし、その周辺の地域にとっては、恵の水とも言い難い状況になってしまうことも考えねばなりません。

そのあたりの被害をご存知ない方たちにとっては、やはり恵の雨と思えるのかもしれません・・・。

梅雨時の雨で、洪水が起ってしまうほどの雨は必要でもないし、また、渇水になってしまうほどの空梅雨になってしまっても、やはり困ってしまわれますが、いずれの場合であっても、人災・家屋への災害などに陥らない程度の雨水は必要なのかもしれません。

家屋の健康は床下から!?

しかし、ある程度の水準を超えてしまう状況になってしまった場合、最終的に溜まって乾燥させることも困難な床下の雨水!?

また、その雨水が腐敗し、臭いもそうですが、家屋の木造にも影響が及ぼしてしまわれることも考えられます。

その上、そのような状況になってしまうとと、シロアリなどの害虫も侵入されてしまうこともあるかもしれません。

一度、シロアリが営巣されてしまうと、家屋の被害が一層深まってくることも予想しなくてはなりません。

そのようになる前に、やはり、その状況に陥らない様にされることが、やはり望ましいように思えます。

まずは、その溜まった雨水を乾燥させることが、一番、重要なことだと考えられます。

そんな時、特にお役にたてるのが、画像にもあるように、床下に備えた乾燥機「爽快くん」がお役にたてるかと思えます。

また、床下は、どちらかというと、空気による移動は行いにくくなるので、その空気を移動させなければ、湿度を抑えることが困難な状況になってしまいます。

その様にならないためにも、ぜひ、「爽快くん」の設置なども、ご検討されてみてはいかがでしょうか?

なにより健康が一番!?

ご存知でしょうか?

小・中学校生などの生徒さん達が勉強の能力を高めるために、ドラッグを使用していることが起こってしまっていることを?

利用者からは集中力を高め、勉学も捗ると言われていますが、そのドラッグの作用効果が治まってしまうと、その逆の効果が表れ対応能力が下がってしまい、その上、脱力感に襲われれてしまうこともあるそうです。

薬物というものについては、ある程度の速攻効果も備わっているようにも思えますが、しかし、習慣づいつてしまうことで、逆の効果を起こってしまうこと多々あるように考えれます。

世間でよく知られている、所謂、依存症に陥ってしまうことも、十分、考慮しなければならい様にも思えます。

そのドラッグで依存症になってしまうと、薬物効果に対して、逆の症状に晒されてしまいますので、その症状から抜け出すには、それ以上の努力が必要になってしまいます。

また、そのドラッグを継続的に服用しなければならい状況も考えられますので、十分に覚悟しなければなりません。

薬に因る副作用にもご注意を!?

しかし、そのようなドラッグを、子供たちが使用されているようであれば、家族もしくは、知り合いの方たちはご存じなのでしょうか?

もし、そのドラッグによる症状を理解されていないのであれば、十分に対応されなければならいように思えます。

大人であっても、依存症に陥ってしまうと、かなり重い症状にみまわれることも考えられますし、ましてや、子供であれば、さらに重篤な症状に陥ってしまわれることもあるように思えます。

そうならないためにも、保護者の方たちの皆様方には、十分な対応を頂けばと思えます。

お客様宅にご訪問する時には!?

日本国内の警察署として、余りにもお恥ずかしいお話ではないでしょうか?

署内の職員であっても、ある程度の行動は把握をしている様に思えるのですが、しかし、外部の職員を署内へ業務を充てるときって!?

なんと、大半が偽名はもちろんのこと??

その上、点呼に至ってもすり抜けられている??

自分自身の経験なのですが、銀行内部に訪問するときでも、身分証明書の提出を求められました。

しかし、個人情報など、沢山の情報が含まれていることもある様に思える警察署内において、この様なことが起こってしまっているとは・・・。

とはいえ、この様なことは、極一部の警察署であって欲しいとは思いたいのですが!!

署内でもお客様宅であっても入室する時は!

もちろん、国方防虫化学では、お客様宅にご訪問するときには、担当者自身がお客様にご対面をさせていただくのは当然ですが、さらに、本部へ報告は実務になっていますので、どの担当者が、どちらのお客様にご訪問し、どの様な業務を行っているのかが、ログに記録されています。

普通当たり前になっていると思えるのですが、馴れ合いになってしまったのか??

それとも、情報を漏洩をする為に行われているのでしょうか??

現在では、一部の個人情報であったとしても、漏れてしまうと刑事事件に発展してしまうので、慎重にならなければなりません。

また、国方防虫化学では、個人のお宅へ訪問するのは当たり前なのですが、それ以上に家屋室内への立ち入った業務も行わなければなりませんので、お客様からの情報は、しっかりとガードさせていただいておりますので、ご安心ください。

最後になりましたが、これからの時期、ハネアリの季節でもあります。

もし、そのハネアリを見かけた時には、いつでも国方防虫化学へ、まずは、お電話ください。

国方防虫化学 フリーダイヤル

 

ダニ退治には布団用乾燥機がうってつけ!

少し前まで肌寒くも感じられていましたが、今では、すっかりと初夏らしい気候になって参りました?

この様な季節の変わり目になってくると、模様替えなども行いたくなる時期になっているのではないでしょうか?

そんな頃合いになってくると、特に気になってくるのが布団ではないでしょうか!?

ご自宅の洗濯機で洗うのも大変だし??

かと言って、クリーニングだと高くついてしまうし・・・!?

また、ダニの巣窟にもなってしまうことも考えられるので、同時に駆除もできれば良いのですが・・・。

テレビでもダニ退治に効果が高いと言われています!

この様な時期にもなってきてしまっているので、既に、洗濯を行っている方もいらっしゃるのかもしれませんが、今、まさに、寝床の衣替えを!?

っと、思われている方もいらっしゃるのかもしれません?

この様な場合、どのような方法で布団の衣替え、洗濯を行おうと思われているのでしょうか?

一番、最適だと考えられるのは、やはり丸洗いの洗濯と丸ごと乾かせる乾燥機を利用する方法ですが、皆様はどのように思われているのでしょうか?

それにテレビでも放送されていたのですが、そんな環境で、最も適している方法が掲載せれていましたので、ご参考にされてみてはいかがでしょうか。

その最適な手段となるのが、布団を丸ごと洗濯&乾燥が可能と思えるのが、大型洗濯と大型乾燥機が設置しているコインランドリーであれば、クリーニングも美しく蘇ることも可能だと思えますし、その上、なんといっても、ダニ退治に対しても、すこぶる効果性も高まります!!

特にダニ退治に至っては、乾燥機を利用した方法が、最適で、圧倒的に有効性も高まるとテレビでも掲載されていました。

テレビで放送された内容では、ダニなどの有害となる害虫などが死滅することも認められてるそうです。

冷え込む冬場に利用されていた冬布団などから、夏の布団へ移り変わり時期には、まとめて洗えて、丸めて乾燥が可能な「コインランドリークニカタ」が、唯一性に富んだ方法だと思えられましので、ぜひ、ご活用いただければ幸いに存じます。

PAGE TOP