ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ

国方防虫化学株式会社スタッフブログ

赤色のクワガタ型の虫には注意が必要です。

華やいだ色と申しますか、特に赤色の昆虫には注意が必要なのかもしれません?

赤い昆虫「ヒラズゲンセイ」は毒虫に属されているようです。

ところで、上に掲載されている画像は、全く異なる虫で、赤色に変色されたものですのでご注意ください。

実際の画像を見てみますと、赤は赤でもイメージとは異なっており、ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、あくまでもこんな感じだと思っていただければと思います。

※リンク先のホームページはこちらYahoo!ニュースに掲載されています、なお、リンク切れの際はご容赦ください。

この赤い昆虫は、かなり危険性の高い生物のようですし、生息域につきましても拡大されてきている模様です・・・。

万が一、発見された場合、触れないようにされた方が望ましいようです。

以前は四国などの温暖な地域で生息されていたようでしたが、徐々に北上されているとの情報が記載されているようです。

ところで、この虫はツチハンミョウの一種で、体調は2~3センチでクワガタのようなアゴが特徴です。

クマバチに寄生しサクラや古い木造家屋など様々なところで生息されているとのことです。

話が遅れてしまいましたが、この虫の体液に毒性が含まれており、皮膚などに付着されると「かぶれ・水ぶくれ」などが発症されるそうです。

もし、お子様がいらっしゃるご家庭、もしくは、学校などに所属されている方がいらっしゃるようでしたら、情報の伝達をしていただければ幸いかと存じます。

震度6強という大きな地震が起こりました。

今朝ニュースで「震度6強」という大きな地震が起こっ模様です。

また、既に地震後の状況をニュースにて放映されておりましたが、人身への被害についての確認はされておりませんでしたので、現状への被害状況もできていないようです。

現在のところ21人が怪我をされたということと津波についての被害も収まったように思えます。

重い瓦でなくてよかったのかもしれません??

これ以上の被害が起らない様、心より願いたく存じます。

ところで余談的なことなのですが、相撲が行われる土俵会場で倒壊された画像が公開されておりましたが、その画像を見ておりますと屋根の瓦の重量が重かったのではないかと思っておりまして・・・。

実は、西日本あたりでは、台風による被害が発生されていることもあり、その事態に対応するため屋根を重くし、飛ばされない??ようにするためともいうのでしょうか!?

今回ほどの大きな地震が起こると想定されたとすれば、家屋への倒壊にも繋がってしまうことも考えられるのかもしれません??

ご年配の方から、そのようなお話を聞いたことがありましたので、自分自身の地域で、これほどまでの地震が起こったとすれば・・・。

それに、近い将来、起こるとされている南海トラフ地震も、非常に身近に感じてしまっております。

いつ起こるかも解らない地震ですので、ご自身・ご家族・地域のためにも、早めの対応を目指さなければならないのかもしれません。

スズメバチの営巣駆除はお任せください。

今年は暑くなってくるのも早く、害虫などにとっては、非常に行動し易い令和元年になった様に思えます。

暑さと比例して害虫の繁殖も早くなってきている様に思えますが、もちろんご自身で駆除を行うのも可能な虫もいるかと思えますが、しかし、被害を被る害虫もいるかと思えますので、その様な時には、無理をせず速やかに国方防虫化学へご連絡いただければと思います。

非常に危険ですので、速やかに駆除しましょう。

初期段階であれば目立つこともない少ない様にも思えますが、6月にもなれば、また、今年の夏は、例年比べ早かった様に思えますので、おそらくスズメバチなどの害虫なども、営巣スピードも早かった様にも思えます。

棲み家の発見も可能になって参りますと、ご自身での駆除は、非常に困難かと思えますし、そのまま放置されて置きますと、更に危険な状況にもなりかねません。

また、ススメバチの中でも、特にオオスズメバチは、非常に攻撃性も高く、毒性も強いかと思えますので、可能な限り駆除されることをお勧めいたします。

周りの環境にもよりますが、静まりかえった場所で、万が一、ハチの羽音がして制止されている状況だったり、または、カチカチと口を噛む様な音?がされている時には、攻撃体制とも考えられますので、焦らず静かに素早く立ち去りましょう。

その近くには蜂の巣があることも予想されますので、早めの対策を講じられた方が望ましいかと思えます。

いずれにしましても、まずは、国方防虫化学へ、気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。

国方防虫化学 フリーダイヤル

自分に、もしものことも考えていたならば!

園児2名の死亡事故が起こって、既に5日ほど経っておりますが、現在でも、そのニュースを、度々目にすることがございます。

いつでも周りへ習慣も必須なのかもしれません?

そして、今の現状としては、その事故を起こさないようするための模索が行われてもいるようです。

しかし、このような死亡事故ニュースを目にした時、どのようなことを思い浮かべられているのでしょうか?

自分自身、3度の事故を経験しておりまして、1度目は自転車で走行中、次は、バイクに乗って走行しているときで、いずれも被害者としての交通事故でした。

しかし、3度めについては、加害者としての事故を起こしてしまいました・・・。

自分自身、一番、肝に銘じたのは、事故を起こした時、所謂、加害者になったときでした。

幸いにも軽傷でもあったので、そのまま別れはしたものの、後々のことを考えますと、どうも気になってしまいまして、直ぐに連絡をすると共に警察へ事故の依頼をさせていただきました。

年齢的なことにも関係があるのかもしれませんが、事故に被害されたことよりも、加害したときが、記憶の鮮明さが、全く異なるような気もしております。

それ以後、事故を起こしたことも、遭ったこともありませんが、いずれ何かが起こるというイメージが脳に刻み込んいるようで、車を運転しているとき以外であっても、一時停止はもちろん、左右・後方などの確認も、自動車学校で実習されていたことを習慣づけするようにしております。

そのような些細なことで僅かなことなのかもしれませんが、事故を防ぐことも可能だと思えますので、自分は大丈夫とは思わず、万が一の、もしものことが起こることも予想をされて、運転・歩行されるされてみてはいかがでしょうか。

そのような積み重ねを行うことで安全性も高まるのかもしれません?

ゴールデンウィーク中でも国方防虫化学にお任せください。

いつも国方防虫化学をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

現在、ゴールデンウィーク中ではございますが、国方防虫化学では業務の作業中でもありますので、いつでも、お気軽にご連絡をいただければと思います。

夕方あたりの街頭に、このような状況が確認できましたら、まずは、お問い合わせください。

この時期、夕方頃になりますと、特に街灯近くになりますと、このような状況を目撃することもあるかと思えます。

これが、所謂「ハネアリの飛翔」とも言われるものです。

距離としては短いことも多いので、その周辺で営巣され目撃される可能性もあるかもしれません。

逆に考えますと、この状況に気づくのと気づかないのとでは、大きな違いが現れるかもしれません。

まずは、ご自宅近くでシロアリの飛翔が確認されてみるのもよいのではないでしょうか。

もしも、駆除の可能性があるようであれば、できれば早めの駆除をお薦めしたいと思えます。

年月が経つに連れて被害が増幅されてきますので、被害の拡大を防ぐためにも、早めの駆除が望ましいかとも思えます。

また、疑問・質問などもあろうかとも思えますので、お気軽に、下記のフリーダイヤルからお問い合わせいただければと思います。

国方防虫化学 フリーダイヤル

[令和」が幕開けいたしました。

[令和」が幕開けいたしました。

GW中でもお気軽にお電話ください。

ゴールデンウィークの大型連休へ突入されますが、いつでも、お気軽にフリーダイアルにてご連絡くださいませ。

24時間いつでもき気軽にフリーダイアルにてご連絡ください。

近い将来夜空にCM?

あの飲料水のメーカーになるのでしょうか?

そのメーカーから夜空に人工衛星でCMが放映されるかもしれません!?

このようなイメージ広告が映し出されるかもしれません??

しかし、目移りをしてしまって事故の可能性も考えられますし、それとともに不快的に感じられる方もいらっしゃるかもしれません?

そのように思えるかもしれませんが、真新し技術として感じられる方も、ある程度、いらっしゃることも考えられるのかもしれません。

いずれにしましても賛否両論とはなることには違いないのかもしれません・・・。

将来的に、夜空でゲーム観戦が実現できることもあるのかもしれません??

そんな環境になってしまうことで外出を控えてしまうことも考えられるのかもしれません??

とは言えどもコマーシャルを打ってみたいとも思えてしまうのは、自分だけではないようにも思えてしまうのですが・・・?

ところで、ここ最近、急に汗ばむような季節になって参りましたが、これからの時期、更にシロアリによる飛翔も増えてくることも考えられるのかもしれません。

もし、万が一、羽アリの目撃が確認されたときには、いつでも、お気軽に国方防虫化学へ、ご一報いただければと存じます。

国方防虫化学 フリーダイヤル

「ハネアリ」の目撃情報はございませんか?

4月にもなり暖かくなってまいりました。

ところで今年の桜の開花、早かったようにも思えますが、すぐさま冬の寒さに逆戻りにもなってしまいました・・・。

しかし、一度、桜の開花をされてしまうと、タイミング的にも後戻りすることも難しくようで、桜の花びらお頑張っていたのではないかと思えます。

桜の開花は、ある程度、予想することも可能かと思えますが、シロアリの飛翔時期については、悩ましく感じられることも考えられますので、その時を見過ごしてしまうこともあるかと思えます・・・。

ハネアリの目撃情報はございませんか?

地域にもよるかと思えますが、3月から6月の夕方あたりにシロアリの飛翔が始まることも多いかと思えますので、できれば、その時期・時間あたりになりましたら、家屋周りの状況確認をされると良いように思えます。

余談ではございますが、ご自宅にてテレビカメラなどを設置してるようであれば、早回しで録画の確認も可能になるのかもしれません??

ところで、その動画の実証調査の確認は行ったことがございませんので、あくまでも想像の域での発言として、どうか、ご了承いただければと存じます。

また、ご近所の方たちからシロアリのハネアリ情報を耳にされましたら、不安的要素になるかとも思えますので、まずは国方防虫化学へご相談されるとご安心いただけるのではないでしょうか。

国方防虫化学 フリーダイヤル

最近の放送禁止用語!?

つい数日のことなのですが、思わず目にすることができました。

そんな単語でも放送が禁止されているという事実・・・。

201932210470.jpg

国方防虫化学も、CMが放映されているのですが、制作会社へ依頼されてもいますので、ほぼ大丈夫かとも思ってはいるのですが、制作される側からすれば、非常に面倒なことになるのかもしれません。

あくまでも禁止とされて単語についてなのですが、例をあげれば、出戻りとかヒモ、未亡人、放浪者など・・・。

そして極めつけとでも言うのでしょうか??

魔女っ子なんていう、昔のアニメのタイトルにも含まれている単語についても、放送禁止用語になってしまっているとのことのようです。

コンピューターが発展しインターネットの接続が可能になり、その上、携帯電話でのネット接続もできるようになってしまったことが、新しいモラルの変化をもたらしてしまったのかもしれません??

詳しいことは、自分自身、知る由もありませんが・・・。

しかし、新しい時代が代わろうとも、賛否両論であるということに変わりはないかと思えますので、グローバルな発言は改めた方が良いのかもしれません??

時代についていくのも、非常に困難な世の中になってしまったのかもしれません・・・。

PAGE TOP