ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ>2016年1月

2016年1月

盗難・防犯カメラにはご注意ください。

特に個人・会社などで防犯カメラを利用し、それを個人情報または、警備などに当たって警戒されている会社は、今一度、セキュリティを見直しされることをお勧めいたします。

2016126113854.jpg

っと、申しますのも、本来、警備に必要とされている防犯用のライブカメラが、なんと!?

第3者によって、世界の至る所に設置されているカメラが、簡単に閲覧できるようになっていることはご存知でしょうか!?

防犯カメラは、すでに盗聴カメラに変貌されてしまっている可能性が起こっています??

もし万が一、盗難・防犯目的で使用されている可能性のあるカメラに、設置されている可能性があるのであれば!?

まず第一に、セキュリティ(パスワードなど)の設定が、初期状態の設定のままになっていないかを、まずは、考慮していただきたい点だと思います。

初期の設定になっている場合、インターネット環境さえあれば、世界中で十分閲覧可能な状態になっていることが考えられます!?

特に重要性の高いセキュリティ情報を管理しているような環境もしくは、状況であるならば、今すぐ、確認されることをお奨めいたします。

今の世の中、大変、便利になってまいりましたが、その便利さ故に、ご自身のセキュリティ情報などには、十分ご理解され、一層のご注意を望みたく存じます。

お客様にご安心いただける六つのお約束!【施工・図面入でご報告いたします】

国方防虫化学では、一つ一つ行う作業内容をしっかりと照らし合わせ、それぞれ細やかにチェックをし、お客様にご納得いただけるよう、ご報告させていただいております。

工事報告書をお渡しいたします!

施工内容が把握できる様に、写真撮影をさせていただくことはもちろんのこと、図面においてもできる限り、入念にさせていただいております。

国方防虫化学スタッフ一同、ご納得いただける作業内容で、ご提供いただける様、常に努力をさせていただいております。

毎日の積み重ねは、単純な作業にもなってしまうことも考えられますが、お客様にとって、一生に値するほどの工事となる為、決して見落とすことのないよう万全を期しております。

そんな私たちの作業も知るよしもないことだとは思えますが、選べる理由の一つに値するように思えます。

今回の「なぜクニカタ?選ばれる6つの理由」にあたる理由5についても、お客様にご理解いただければ、幸いに存じます。

まず、「工事報告をお渡しします。」では、先程にも述べた様に、施行写真が添付された図面入りの完了報告書を、お渡しさせていただきます。

その報告書には、工事箇所・手順・使用薬剤・結果などとなる、何をどのように作業したかを、明確にお客様へご報告させていただいております。

また、作業によっては、直接、ご覧いただけないところでも、施行箇所の撮影を行うことで、写真をご確認いただけることが可能となります。

国方防虫化学においても、既に40年近い実績のある会社とさせていだくことができました。

この経験を、更に積み重なったノウハウで、お客様に喜んでいただけるよう頑張ってまいりますので、国方防虫化学一同、ご支援・ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

暖冬だと特に活動!?

今年の流行期は9年ぶりになるそうで・・・。

冬でも活動中しているのがシロアリなんです!

暖冬の影響だと思えるのでが、ここ最近、寒くなってまいりましたので、それを機に流行の拡大になってくるのかもしれません!

インフルエンザからいうと、暖かい冬であれば、流行から防げることも可能なので、良いことになるのかもしれませんが、とはいえ、やはり、それは、それで、困ることことなので、本来の通り寒い時期には、それ相応の季節の方が最適だと思えます。

また、最適な冬の寒さを過ごすことで、シロアリ以外の害虫・害獣などからも、しばらくの間、駆除からの標的になりにくくなるように思えます。

この冬の寒さによって、しばらくは冬眠などの状況になり、室内外などから駆除になりにくくなる場合もあるようです。

とはいえ、つかの間となってしまうかもなりかねませんが、それでも、冬場への対策になられると良いように思えます。

しかし、ここで一番重要となるのが、シロアリだと言えます。

シロアリは、ほぼ日本全国に生息されているのと、なにより冬眠しない害虫だと言れています!

また、白蟻の凄いところは、湿度の低い冬場でも、コロニー内で水分を保つこともできると言われています。

乾燥することで、一般的な昆虫は冬眠することができるようですが、残念なことに白蟻は、為すすべが少ないようです。

その上、暖冬になると、更に!

シロアリが蔓延ってしまうことにも!?

気温にも因ると思われますが、特に春先の4月から6月辺りが、飛翔時期の確認となっている場合が多いようです。

時間的に余裕があれば、その時期にハネアリがいなかかなどの確認をされることがお奨めでしょうか。

また、時間的に余裕がないときなどは、お気軽に国方防虫化学にお問合せいだくことが、最適な駆除に繋がるかことになるのかもしれません。


PAGE TOP