ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ>その他>マナーを重視したノックの回数とは?
その他

マナーを重視したノックの回数とは?

タイトルにもあるような案件が、起こってしまったそうです。

ある会社の面接試験だったと思うのですが、ドアをノックし面接官がいらっしゃる部屋に入室しようとした時、面接官から面接の必要性がなくなったので、お帰りください。と・・・。

いったい何が起こってしまったのか、お分かりになられましたでしょうか?

その時のお話を大まかに説明させていただきますと、会社の面接応募をしようとした方が、面接者の部屋に入ろうとした時、まずは、一般的なマナーだと思い込みながらノックを2回行ったそうです。

その2回ノックを行った瞬間に起こってしまったそうです。

普通のマナーで考えると。2回ノックは、どうもマナー違反だと判断されてしまいこともあるらしく??

実は、ノックを行う際のマナーとして考えられるのは、2回ノックはトイレの確認をするときに行う行為だと考えてられており、そのノックが、どうも非常識であったことが挙げれらてしまった模様です。

せめて3回のノックが必要なようで、本来のマナーとしては4回ノックするのが正解だということらしいです。

グローバルになりつつある現在、外国人が責任者となられることも多数実在しておりますので、そのあたりのマナーも重要な要素と考えられることも多くあるように思えます。

訪問時の正式ノックは4回だそうな・・・。自分でも、そのような重要性があるということ事態、全くをもって、つゆ知らずで育っきておりますので、お恥ずかしい限りであります。

営業などでも初めてお会いするお客様に対して、特に、開き戸のような場合であれば、最低でも3回のノックをされることをお勧めした方がよいように思えます。

常識的に詳しい方だった場合、2回のノックを行っていると「ここは、トイレじゃない!!」っと気分を害することもあり得る!?

その様なことが、もしかすると、起こってしまっているのかもしれません。

常識を知っているとか、知らなかったとかを考える前に、まず、基本的に3回のノックをされることで、無用な害を及ぼさないように思えます。

営業・業務に関わらず、どのような仕事であったとしても、まずは、そのあたりのことについても頭に入れておくことで、円満なビジネスチャンスに巡り会えて来ることになるのかもしれません・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kunikata.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/63

PAGE TOP