ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ>2017年8月

2017年8月

近い将来ヒューマンからロボットに!?

十数年前であれば、実在さえもされていなかったと思えますが、近年では当たり前に存在されているようです。

また、そのインフラによって様々な企業も増えており、その様な記事がニュースでも取り上げられています。

その逆で、繁栄企業であっても時代の流れに阻まれてしまっていることも事実の様です。

接客はロボットが行なってくれる?

自分もインフラを利用して、使用頻度の高いインターネットでの買い物も、頻繁に行ってしまっております。

しかし、インフラを便利に利用している反面、それぞれの環境に依っては、人間に変わってロボットでのオートメーション化も進んでいる現在、職を奪われてしまっていることも事実の様です・・・。

さらに近未来の時代になってくると!?

貧富の差も、顕著になってくる様に思えるのですが、皆様は、近い将来、どの様にお考えでしょうか??

ブログにある画像をご覧いただいても、お分かりになるかもしれませんが、AI知能なども進化し、どんどん汎用価値も高まりつつあるだろうと思えますので、経費のかかる人材については、不要と判断される可能性も起こり得る様に思えます!?

それが、現実となってしまう前に、学校教育にしても、必然的に変化も必要だと思えますし、その変化に対応されることも必須だし、独自の発想を模索することが、唯一、人間に与えられた能力と受け止めなければならいのかもしれません??

とはいえ、どの様に思考して良いのかについては、全く、思い浮かびませんが・・・。

お盆も営業しております。

お盆でもお電話ください。

都会ではキイロスズメバチが増殖中!?

中四国内では、スズメバチが繁殖することは少ない様に思えますが、しかし、近い将来??

都会と同様な状況になることも、考えられのかもしれません!?

少し話が変わりますが、現在、ニュースなでもご確認いただけるかと思えますが、あの蟻「ヒアリ」!!

その他にも沢山の外来種の存在が確認されている亀、淡水魚などなど・・・。

逆に日本国内の在来種が、世界の所々で繁殖されてしまっていることも実在されているそうです・・・。

キイロスズメバチの繁殖能力が凄い!?

世界各国で輸出入が頻繁に行われている現在、致し方ない様にも思えますが、まずは、自然環境の重要性を、十分に認識することが大切なことなのかもしれません??

キイロスズメバチについても、同様なのではないかと思えます??

また、ツキノワグマに対しても、同様なことではないでしょうか!?

ニュースの内容では、昔であればツキノワグマ自体、人間を避ける様にしていたそうですが、今では、人間は「エサ」だと認識されてきてしまっているようです?

人間ほど進歩も速くはありませんが、しかし、一度でも学習されてしまうと、永劫的に本能として備わってしまうことも考えられます。

いずれの状況についても、「鉄は熱いうちに打て」同様、初期の段階で手を尽くしておかなれば、後手になってしまうと、最終的には手に負えなくなることも考えられますので、人類・子供のためにも、自然環境の保全に努めたいと思います。

PAGE TOP