ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ>2017年11月

2017年11月

既に人間同様の動きになってしまったロボット?

このままの状況で業務が行えるようであれば、いずれ??

そう思えるほどの行動がすごいと思えます!!

驚くべき進化だと思います!

数年ほど前だったでしょうか?

ドローンを使った配送システムが話題になりましたが、それ以上の動作可能なロボットが映像に表れてしまいドローンも形無し??

とは言え、それぞれの用途に併せて特化するのであれば、それぞれ素晴らしい効果が期待できるように思えます。

しかし、それぞれ特化された機能が充実されてしまうと、いずれ人間の働き口も懸念されるようにも思えます??

また、今回の動きを閲覧しておりますと、特に懸念される要因として、やはり戦士として送り込まれる戦争ではないでしょうか??

現在のところ、悪意的な利用は、それほどの様相でもないように思えますし、また、ロボットを上手に活用されている世ではあるように思えます・・・。

自分自身、ここまで人間と同じような行動できるロボットは見たことがありませんが、そのロボットの動きを見ておりますと、どうしても争いごとに利用されてしまう様に思えてしまうのですが、そのように考えるのは自分だけなのでしょうか??

現在、YouTubeにて閲覧が可能ですので、リンクを張っておきますので、ぜひ、ご自身の目でご確認されてみたはいかがでしょうか?

What's new, Atlas?(YouTubeサイト*ボリュームにご注意ください。)

初めて知りましたが、これを参考しなくては・・・。

些細なことなのかもしれませんが、一応、知識として頭に刻んでおこうかと思いました。

自分は、夜就寝することで、傷への修復機能が高まるものだと考えていたのですが、実際は・・・!?

記事の内容を隅々まで読んでみますと、夜間に起こった傷は治りにくいと言った内容のようで、修復機能のみではなく、傷を起こした時のタイミングに因っては、修復への治療時間が異なるようなことが書かれていました?

日中に負った傷は、夜に負った傷よりも早く修復するらしいです。

体内時計、いわゆる概日リズムの関連によるものだそうで、今ひとつ理解に苦しんでおりますが、日中に負った傷よりも、夜間に負った傷の方が治りがはるかに遅いことが英国の研究チームで判明され、傷を負うタイミングは、できれば日中の方が万全だという結果になった模様です。

更に詳しい数値が掲載されており、なんと60%も早く治るそうです!!

体内では熟睡中、治癒力の準備が疎かになっているらしく、日中であれば、その傷への対応も素早く行われそうです。

日中に起こった傷を修復する為、自意識としては気づかなくとも、体内では修復準備が速やかに行われ治療されているようです?

しかし、夜になりますと、自分自身の熟睡と共に体内も眠りに堕ちてしまっている模様です!?

分かったようで分かりにくいかもしれませんが、人間の生命というものは、朝起きたら行動をし、夜には静かに寝ることで健康管理にも繋がるということなのかもしれません!?

血液の癌も完治目前か!?

記事によりますとマウスでの実験に成功されたそうです!!

近い将来、人体への対応も可能になるように思えます。

がん細胞への攻撃イメージ

新聞の記事には、この新薬の治験が行われるのは、2019年を目標にされているそうなので、2年後には始まるのではないかと思えます。

近年、新薬での躍進が、あまりにも素晴らしいように思えるのですが、それに比べれば軽症なのかもしれませんが、花粉症・アトピーについても、早い対応をいただければ、非常に嬉しのですが、優先順位としては、もう、しばらくの我慢が必要なのかもしれません!?

不治的な病だったと考えれば、非常に明るい兆しが目の前に訪れているようにも思えますので、完治の可能性が高まりますよう期待を膨らませております。

今回の遺伝子操作での結果としては、新薬を投与した場合、16匹内の12匹が生還されたそうですが、100パーセントに近づけられるよう、さらなる躍進を熱望しております。

当、国方防虫化学におきましても、技能・技法に対して最先端の技術を導入させていただいておりますので、お客様のご期待に添えるよう努力をしておりますので、ぜひ、お気軽にご用命いただければと思います。

PAGE TOP