ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ>2017年12月

2017年12月

年末年始のご案内

年末年始のご案内

保育園も施行を賜わりました。

元気いっぱいに育つ子供たちの健康を妨げてはならいことは、十分に承知もし、また、ペットなどの動物に対しても安全対策への認証もいただておりますので、ご安心いただけるかと思えます。

保育園の施行も国方防虫化学へお任せください。

また、公共施設は基より、お子様を安心してお任せいただける保育・幼稚園施設についても、もちろん安全基準を十分以上にクリアした薬品の使用をしております。

その信頼に由るものだと確信しておりますが、保育施設などから沢山のご依頼をいただておりますので、ご安心いただき、ぜひ、当国方防虫化学へご依頼いただければと思えます。

国方防虫化学 フリーダイヤル

四国・中国地区の支店を起点に、皆さまに信頼されて30年近くご奉仕させていただておりますので、家屋・お住いのことなら、まずは、国方防虫化学へお気軽にご連絡くださいませ。

また、お客様より施工後のお言葉も頂戴いただておりますので、併せてご覧いただければ、確信もいただけるかと思えますので、ぜひ、ご一読いただければ幸いです。[お客様の声

上の画像にも掲載されているフリーダイヤルから、直接、お電話にてご依頼を頂くこともございますが、それ以上に地域のお客様からのご紹介が、大勢いらっしゃっております。

地元の企業にとっては、大切なお客様への信頼を築けなければ、30年の実績を受け継ぐくことは不可能かと思えますので、更なる信頼を目指すためにも、ぜひ、お気軽にお問い合わせいただければ幸いに存じます。

学校施設へも施工させていただております。

中・四国を中心に業務を行っており、学校法人のお客様にも、もちろん国方防虫化学が施工させていただている施設もございます。

香川大学教育学部の付属学校にて施工をさせていただきました。

その学校施設についても老朽が進み、深刻化にもなっていることもございますが、その前に、その老朽化になる前のメンテナンスについても、大変、重要になことだと思えます。

シロアリに対しても、侵入前の対策についても、非常に重要な案件だと思えます。

また、本来であれば、シロアリを発見される前であっても、メンテナンスを行うのは重要な要素でもあるように思えます。

特に、住民が集まる施設であれば、なおさらのことのように考えられるのではないでしょうか。

それに被害を被る前にメンテナンスを実施された方が、経費的はもちろんのこと、寿命についても有効活用ができるのではないでしょうか。

いずれにしましても、居住施設として利用されるのであれば、更にしっかりとしたメンテナンスを実施することが、非常に重要なことだと思えます。

メンテナンスを行うことで、家屋の寿命にも較差が広がってくるようにも思えますので、まずは、国方防虫化学へお気軽にご相談いただけれと思います。

家族と同様に、お住いの住宅健康管理にも、ぜひ、ご活用ください、

国方防虫化学 フリーダイヤル

港町でイノシシ現る!

瀬戸内海の国立公園を渡り泳いでいることは知っていましたし、また、島に渡り住みついていることも、既にご存知の方もいらっしゃっるとも思います。

しかし、ほとんどの野生イノシシは、人目がつかないところに生息していることだと思ってもいましたが、しかし、市内の街並近くで行動されているところを、この程、確認され、その上に怪我までも負わされた事件が起こってしまいました。

同日に二箇所の存在が確認されました。

特に注意して欲しいのが、牙のあるイノシシで、非常に危険な状況になることもあるそうです。

突進され股抜けされそうになった時には、特にご注意ください!!

衝撃で股関節の太い血管が切れてしまって、最終的には出血多量で死に至ることもあるようです。

自分の知り合いで狩猟をされている方がおりまして、イノシシみのではなくて、北海道はもちろんアラスカまで出かけてヒグマを狩ったこともあるそうです。

その方が言うのには、イノシシが突進してきたときには、股を潜らせてしまうのが一番危険だと言っていました。

その他にも考えられることとして、いわゆるウリ坊(イノシシの子供)は、大変、愛くるしく可愛いので抱きしめたくもなるのですが、近くで親のイノシシがほぼ確実に居るそうなので、絶対に近づいては危険だそうです。

平和慣れしてしまっている日本・・・??

安全・安心が当たり前だと思えてしまっているかもしれませんが、常に危険と隣り合わせだということも、お忘れなく!?

また、少し車を走るだけで、讃岐山脈の存在も確認されますので、野生の動物も頻繁に繁殖されておりますので、十分にご注意されますように!?

PAGE TOP