ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ>2018年3月

2018年3月

コインランドリークニカタ屋島店がリニューアルで半額中です!

国方防虫化学株式会社よりお知らせを兼ねて、皆様にご案内させていただこうかと存じます。

当社、国方防虫化学では、シロアリ駆除を始め、コインランドリーの運営も携わっており、今回、ご案内させていただきましたのは、コインラインドリークニカタ屋島店に於きまして、リニューアルが行われましたのでご報告させていただきました。

また、今回のリニューアルキャンペーンでは、通常価格から半額でのサービスを実施しておりますので、ぜひ、ご利用いただければと嬉しく存じます。

只今、リニューアルオープンに付き半額中です。

特にキャンペーンとして、特筆されると思えるのが、乾燥機でしょうか!?

ワンコイン(100円)で24~26分間の乾燥が可能となっております。

また、リニューアルと言えば、やはりランドリということでもありますので、そのランドリー、所謂、洗濯機なども含めて全て最新鋭の機器にて登場させていただくと共に、且つ、効率的にも最良のものが備わっているように思えますので、ぜひ、ご利用いただければと思います。

しかし、一部のキャンペーンとは異なってしまっている場合もございますので、どうか、ご了承いただければと思えます。

キャンペーンに属されていない機器については、実のところ、価格変更ができないものもございまして、それに伴ってのことであり、誠に申し訳ございませんが、キャンペーン価格にはなってはおりませので、どうか、ご了承いただきます様、お願い申し上げます。

基本的には、価格変更が可能なものは全てキャンペーン半額になっておりますので、そちらをご利用いただければと思います。

まずは、一度、コインランドリークニカタ屋島店へご来店を頂き、ご利用いただければ良さが実感できるかと思えますので、是非、一度、いらっしゃってください。

香川県下でもトップを誇るため池!?

画像に掲載されているのは、灌漑用としては日本最大を誇る満濃池の様子なのですが、このため池にも、いわゆる外来種の存在も多数住み着いているとも考えられかと思えます・・・。

今回、そんな話の一つとして、溜め池内に居る外来種の捕獲移動をさせる試みが行われている放送番組を、ご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか??

香川県下最大の満濃池?

番組では、在来種の保存にもつながっており、また、楽しい番組にもなっているかと思えますが、しかし、今回、在来種が大量に死んでしまい事件にもなっているそうです??

まず、専門家がいなかったことが一番の原因だと考えられているようです。

また、実は、この様なことが起こってしまったのは、この番組に参加された一般の皆様から依ることで発覚された模様です。

自分が住んでいる香川県内にも、日本国内で多くの溜池があるのはご存知でしょうか??

画像にも掲載されている溜め池は、国内でも最大と言われている満濃池の画像なのですが、大小に関わらず多くの外来種が住み着いている様にも思えますので、もし、今回の様なことが実施される様であれば、知識をもった専門家の存在も必要かと思えます。

私たち国方防虫化学についても、基本的にシロアリ駆除剤を使用して業務にあたっており、その駆除剤についても人間への被害はもとより、ペットへの被害に対しても万全に対応をし、薬害からの被害を被ることなく業務にあたっております。

話が逸れてしまいましたが、いずれの場合であっても、やはり専門家が携わって作業に当たるようにしなければならないというのは、当然、当たり前のことだと思えます。

新たな細菌が発生?

隣国のでお話ではく南アフリカなのですが、そこでリステリア菌に依る流行で、1000人以上の方が感染をし180人達の死亡が確認された模様です。

南アフリカでリステリア菌が発生の模様!?

表示されている画像はあくまでイメージなのですが、リステリア菌というのは、非常に悪性の強い細菌でもあるため、それによって感染れると死亡率も高まってくるそうです。

政府の保健省では、加工肉の小売店での汚染されていた可能性が示唆されており、食べる時には、十分に加熱処理されることはもちろんのことですが、できれば近づかない様にされた方が良い様に思えます。

日本国内での発生は、現在、確認されてはおりませんので、まずは、安心だと思えます。

リステリア菌に汚染された食品、家畜との接触でも感染されるとされており、また、低温殺菌されていない牛乳やカマンベールチーズなどの乳製品からも感染事例も多いことが確認されているそうです。

症状としては、高熱をともなったインフルエンザにも似ており、感染されたとしても症状が現れないこともあるそうなのですが、高齢者や未成年、妊婦中の女性には、特に注意が必要な模様です。

海外に渡航される場合には、十分にご注意される様になさっていただけれと思います。

PAGE TOP