ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ>2018年10月

2018年10月

ステレス浴槽でも大丈夫ですか?

ホーロー・ステンレス・金属製の浴槽などの場合、変色されることも考えられますので、電極を直接的に浴槽に触れないようにしてください。

直接浴槽に触れなければ基本的に大丈夫そうです。

電極に電気コードがついていますので、そのコードを適切に利用されたり、もしくは、電極の下側に敷ものなどを使っていただいても良いように思えます。

ご自宅でご利用できるものを上手に使っていただければと思っておりますが、使われる時には、十分にご留意いただくようお願いいたします。

また、浴室で入浴される場合の目安としては、約30分ほど生成させていただければ十分かと思えますので、それから約7分程度、浸かっていただければベストかと思えます。

余談ではありますが、自分自身、そこまで浸かっていると、目眩が起こりやすい体質のようなので、2~3分を目安としております。

それぞれ、ご自身の体調に併せてご利用いただければ良いように思えますし、浴槽、全身に浸からなくとも下半身もしくは足湯のみであっても、相当程度に効果はあるようですので、無理をせずに、毎日利用できるようにしていただければと思います。

体質的にのぼせ上がるのですが、肌は至って健康的?で心配はないのですが、肌が弱い方であればぬるま湯(約40℃以下)での入浴が良いそうです。

それに、水道水に含まれている残留酸素が気になるようでしたら、ビタミンCが配合されている入浴剤を利用されている方もいらっしゃるようですので、一度体験されてみるのも良いのではないでしょうか?

その他の物としましては、様々な入浴剤を利用される事も考えられますので、浴槽の湯船から電極を取り出してからのご利用をお薦めいたします。

また、特にご注意いただきたいのは、炭酸系の入浴剤をご利用されるときには、リタライフの水素成分を無効にされる可能性も考えられますので、併用されることは控えるようにしていただければ幸に存じます。

リタライフの理想的な入浴方法!?

今回はリタライフの使用方法を述べさせていただこうかと思います。

リタライフ電極パーツが湯船に浸かりきっていれば大丈夫です。

という事で、足湯としても利用が可能だというのはご存知でしょうか?*ペースメーカー等、体内に金属が入っている場合は、生成しながらの入浴は絶対に行わないようにしてください。

ところで本体についてですが、できる限り浴室外に設置いただければ、更に良い環境になるかと思えます。

しかし、設置するコンセントなどによっては、浴室内になることも考えられますので、直接水分等が当たらないところへ設置されるようにお願いいたします。

なお、電極から発せられた水素は、しばらくは浴槽内にとどまっておりますので、電源を切ってからの入浴でも、十分に、ご利用が可能ですので、ご安心いただければと存じます。

また、入浴後、更に入浴されるような場合には、水素濃度も半減されておりますので、再度電極から水素を生成していただければ、同様の環境になりますのでご安心ください。

この様に、ご家族、大勢の皆さまが入浴される度に電極を生成させるだけで、純度の高い水素風呂に更新されますので、ぜひ、ご活用いただければと思います。

また、一つの目安としましては、1日に60分の生成を実施されたとしましても、1ヶ月60円程度の利用電力となりますので、格安?にご利用いただけるかと存じますので、ご安心いただければと思います。

市街地でも、地域によっては起こる可能性も?

先日の9日、神戸市内のフラワーロードで、単車とイノシシとの衝突が起こったそうです。

繁華街地であっても野生イノシシが現れる!!

そのようなニュースを見てしまうと、香川県高松市内のショッピングモール内にイノシシが侵入し、人身被害に遭われたことを思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。

神戸市内では、北側の近くには山地もそびえてもいるので、確率的には高いようにも思えるのですが、山地まで程遠い高松市内であったとしても、何度か野生の猪が確認されていますので、遠くの山で暮らしていた野生動物も、食物が少なくなってくると人里に出現されてくるのかもしれません。

市街地でなければ罠を仕掛けることも可能なのですが、しかし、人通りのある市街地だとすれば、残念ながらそうもいかないように思います。

今回のような野生の出現が頻繁に起こってしまっている現在、交通事故なども含めて、周りへの気遣いと共に、起こり得ない実情にも目を見張らなけれならい世の中になっているのかもしれません??

国方防虫化学では、駆除のプロ集団会社でもありますので、お問い合わせいただければとも思えますが、今回のような繁華街でのイノシシ被害に遭遇されてしまった場合、まずは、「市街地でイノシシやサル、アライグマなどを目撃した場合(高松市役所公式サイト」の公式サイトへご確認された方が良いのかもしれません。

余談ではありますが、万が一、見た目が可愛い子供の動物がいるようであれば、近くに親が居る可能性も高いので、絶対に近寄らず、速やかに建物などへ逃げ込み、警察なども含めてご連絡されることが賢明のように思えます。

ブルーライトに因る障害は無い!?

この夏前に紫外線予防の為、また、自分はパソコンもよく利用しているので、ブルーライト防止も付加されたメガネを購入したのですが・・・。

しかし、今回のニュースによりますと、ブルーライトで細胞を傷つけるような障害は起こらないと米国眼科学会がはっきりと宣言されたそうです。

メガネ業界で衝撃が起こってしまうかもしれません・・・。

この記事は、昨日での発表になっていたようですので、今日の眼鏡店でディスプレーの配置に混乱されている様子が目に浮かんでおります。

自分も、もちろんですが、現在使っている青色のメガネ、今回の記事は、全く見ていないことにして、次回購入するまで利用しようかと思っております。

とは申しましても、実証によっては就寝される前の使用は控えた方が望ましいとも言われている模様です。

しかし、今回の会見の様になってもいますが、既にご承知かと思えますが、数年後には、当然だと思えたことが覆らせることも多々あるようにも思えますので、どのような場合であっても、参考程度にされた方が最善なのかもしれません?

今回の断言発表に対してではありますが、万が一、近い将来、その発表が覆されてしまうようなことが起こってしまったとしたら!?

米国での公表ですので、大きな賠償問題になる可能性も心配されます・・・?

PAGE TOP