ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ>2019年6月

2019年6月

震度6強という大きな地震が起こりました。

今朝ニュースで「震度6強」という大きな地震が起こっ模様です。

また、既に地震後の状況をニュースにて放映されておりましたが、人身への被害についての確認はされておりませんでしたので、現状への被害状況もできていないようです。

現在のところ21人が怪我をされたということと津波についての被害も収まったように思えます。

重い瓦でなくてよかったのかもしれません??

これ以上の被害が起らない様、心より願いたく存じます。

ところで余談的なことなのですが、相撲が行われる土俵会場で倒壊された画像が公開されておりましたが、その画像を見ておりますと屋根の瓦の重量が重かったのではないかと思っておりまして・・・。

実は、西日本あたりでは、台風による被害が発生されていることもあり、その事態に対応するため屋根を重くし、飛ばされない??ようにするためともいうのでしょうか!?

今回ほどの大きな地震が起こると想定されたとすれば、家屋への倒壊にも繋がってしまうことも考えられるのかもしれません??

ご年配の方から、そのようなお話を聞いたことがありましたので、自分自身の地域で、これほどまでの地震が起こったとすれば・・・。

それに、近い将来、起こるとされている南海トラフ地震も、非常に身近に感じてしまっております。

いつ起こるかも解らない地震ですので、ご自身・ご家族・地域のためにも、早めの対応を目指さなければならないのかもしれません。

スズメバチの営巣駆除はお任せください。

今年は暑くなってくるのも早く、害虫などにとっては、非常に行動し易い令和元年になった様に思えます。

暑さと比例して害虫の繁殖も早くなってきている様に思えますが、もちろんご自身で駆除を行うのも可能な虫もいるかと思えますが、しかし、被害を被る害虫もいるかと思えますので、その様な時には、無理をせず速やかに国方防虫化学へご連絡いただければと思います。

非常に危険ですので、速やかに駆除しましょう。

初期段階であれば目立つこともない少ない様にも思えますが、6月にもなれば、また、今年の夏は、例年比べ早かった様に思えますので、おそらくスズメバチなどの害虫なども、営巣スピードも早かった様にも思えます。

棲み家の発見も可能になって参りますと、ご自身での駆除は、非常に困難かと思えますし、そのまま放置されて置きますと、更に危険な状況にもなりかねません。

また、ススメバチの中でも、特にオオスズメバチは、非常に攻撃性も高く、毒性も強いかと思えますので、可能な限り駆除されることをお勧めいたします。

周りの環境にもよりますが、静まりかえった場所で、万が一、ハチの羽音がして制止されている状況だったり、または、カチカチと口を噛む様な音?がされている時には、攻撃体制とも考えられますので、焦らず静かに素早く立ち去りましょう。

その近くには蜂の巣があることも予想されますので、早めの対策を講じられた方が望ましいかと思えます。

いずれにしましても、まずは、国方防虫化学へ、気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。

国方防虫化学 フリーダイヤル

PAGE TOP