ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ

国方防虫化学株式会社スタッフブログ

既に人間同様の動きになってしまったロボット?

このままの状況で業務が行えるようであれば、いずれ??

そう思えるほどの行動がすごいと思えます!!

驚くべき進化だと思います!

数年ほど前だったでしょうか?

ドローンを使った配送システムが話題になりましたが、それ以上の動作可能なロボットが映像に表れてしまいドローンも形無し??

とは言え、それぞれの用途に併せて特化するのであれば、それぞれ素晴らしい効果が期待できるように思えます。

しかし、それぞれ特化された機能が充実されてしまうと、いずれ人間の働き口も懸念されるようにも思えます??

また、今回の動きを閲覧しておりますと、特に懸念される要因として、やはり戦士として送り込まれる戦争ではないでしょうか??

現在のところ、悪意的な利用は、それほどの様相でもないように思えますし、また、ロボットを上手に活用されている世ではあるように思えます・・・。

自分自身、ここまで人間と同じような行動できるロボットは見たことがありませんが、そのロボットの動きを見ておりますと、どうしても争いごとに利用されてしまう様に思えてしまうのですが、そのように考えるのは自分だけなのでしょうか??

現在、YouTubeにて閲覧が可能ですので、リンクを張っておきますので、ぜひ、ご自身の目でご確認されてみたはいかがでしょうか?

What's new, Atlas?(YouTubeサイト*ボリュームにご注意ください。)

初めて知りましたが、これを参考しなくては・・・。

些細なことなのかもしれませんが、一応、知識として頭に刻んでおこうかと思いました。

自分は、夜就寝することで、傷への修復機能が高まるものだと考えていたのですが、実際は・・・!?

記事の内容を隅々まで読んでみますと、夜間に起こった傷は治りにくいと言った内容のようで、修復機能のみではなく、傷を起こした時のタイミングに因っては、修復への治療時間が異なるようなことが書かれていました?

日中に負った傷は、夜に負った傷よりも早く修復するらしいです。

体内時計、いわゆる概日リズムの関連によるものだそうで、今ひとつ理解に苦しんでおりますが、日中に負った傷よりも、夜間に負った傷の方が治りがはるかに遅いことが英国の研究チームで判明され、傷を負うタイミングは、できれば日中の方が万全だという結果になった模様です。

更に詳しい数値が掲載されており、なんと60%も早く治るそうです!!

体内では熟睡中、治癒力の準備が疎かになっているらしく、日中であれば、その傷への対応も素早く行われそうです。

日中に起こった傷を修復する為、自意識としては気づかなくとも、体内では修復準備が速やかに行われ治療されているようです?

しかし、夜になりますと、自分自身の熟睡と共に体内も眠りに堕ちてしまっている模様です!?

分かったようで分かりにくいかもしれませんが、人間の生命というものは、朝起きたら行動をし、夜には静かに寝ることで健康管理にも繋がるということなのかもしれません!?

血液の癌も完治目前か!?

記事によりますとマウスでの実験に成功されたそうです!!

近い将来、人体への対応も可能になるように思えます。

がん細胞への攻撃イメージ

新聞の記事には、この新薬の治験が行われるのは、2019年を目標にされているそうなので、2年後には始まるのではないかと思えます。

近年、新薬での躍進が、あまりにも素晴らしいように思えるのですが、それに比べれば軽症なのかもしれませんが、花粉症・アトピーについても、早い対応をいただければ、非常に嬉しのですが、優先順位としては、もう、しばらくの我慢が必要なのかもしれません!?

不治的な病だったと考えれば、非常に明るい兆しが目の前に訪れているようにも思えますので、完治の可能性が高まりますよう期待を膨らませております。

今回の遺伝子操作での結果としては、新薬を投与した場合、16匹内の12匹が生還されたそうですが、100パーセントに近づけられるよう、さらなる躍進を熱望しております。

当、国方防虫化学におきましても、技能・技法に対して最先端の技術を導入させていただいておりますので、お客様のご期待に添えるよう努力をしておりますので、ぜひ、お気軽にご用命いただければと思います。

スポーツの秋は攻撃性も高まります?

秋と言えば!?

スポーツ!

スポーツと言えばアウトドア?

そんなアウトドアを楽しまれている方も、大勢、いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、新聞などの一部としてですが、たまに見かけることのあるスズメバチに因る事故!

スズメバチによる攻撃でマラソン選手も!!

今回、起こった事故、少人数であればスズメバチの刺激も与えることはなかったのかもしれませんが、マラソン大会といった大掛かりで大勢な参加になることも考えられますので、それによってスズメバチも攻撃を起こすことになってしまったようです。

大会運営も、事前にコースの下見もし、安全対策も万全にされていたとは思えますが、しかし、スズメバチは、意外なところに営巣されていることも多く、その巣を発見できなかったことも多いのではないでしょうか?

公共施設などで、もし、危険な生物、特に代表的とも思えるスズメバチの巣が発見された場合には、速やかに役所などにご連絡されることをお勧めいたします。

また、個人が所有している施設でスズメ蜂の営巣が発見された時には、まずは、国方防虫化学にて、お気軽にご相談いただければと思います。

国方防虫化学 フリーダイヤル

自動車から離れる時には!

習慣というものは、良い習慣と悪い習慣がある様に思えますが、特に良いと思われる習慣であれば、見習うようにしたいものだと思えます。

シフトチェンジはパーキングをしサイドブレーキもしっかりチェック!!

先日、ニュースを見ておりますと、自動車から離れてしまったことで、勝手に自動車が動いてしまう事故が起こったそうです。
 
状況によりますと、なんとチェンジレバーがドライブ状態であった上に、サイドブレーキも掛かっていなかったそうです・・・。
 
このような経験をされた方は、いらっしゃいますでしょうか??
 
このような事故についても、もし、こまめに習慣づけをしていればと思えてなりません。
 
もちろん事故というものは、不注意なことで起こってしまう場合も多々ある様に思えますが、そんな不注意にしても、些細な事故を起こさない様、肝に銘じておけばと考えてなりません。
 
今回は、自損事故だったそうですが、第三者が被害者に遭われる場合も考えられますので、できる限りミスを防ぐ努力が重要だとも思えますが、しかし、それが、非常に難しいことだということも、十分に承知もしております。
 
性格的なことなども含まれているかと思えますが、例えば、車を所有されているドライバーのボディーに、小さくても沢山の傷が確認されている様であれば、いずれ、大きな事故を起こす可能性が高いそうです。
 
些細なミスを多く起こす方、その逆で、ミスが少ないようであったとしても、最終的には運が左右されることもあるかと思えますが、とはいえ、確率としては起こってしまう可能性は高くなるようです!?
 
もし、適性試験など経験される方もいらっしゃるだろうと思えますが、その結果によっては、自身を認め自重されることで、事故に遭う可能性は下がることも考えられるようにも思えます??
 
また、仕事にしても、自動車運転にしても、ミスを防ぐことは可能だと思えますので、そのミスを防ぐ努力をされる方と、自分は大丈夫と考えるのとでは、大きな結果になる様に思えますので、ご自身にしても、第三者に対しても、必ず家族がいらっしゃると思えますので、幸せを大切に育んで欲しいと思えます。

祝ワールド・カップ出場!

若干?遅れてしまいましたが、まずは、大変、おめでたく思えます!!

ほとんど詳しくはないのですが、日本のサッカーも世界レベルで強くなってきている様に思っております。

また、香川県内においても、カマタマーレ讃岐というプロサッカーチームが活躍しているので、随分、身近に感じ取っております。

さらに上位リーグを目指して頑張っていただきたいと思っております!

世界の強豪を相手に勝ち進んでいただきたい!!

そんなJリーグの選手たちを集結して挑んでいるFIFAワールドカップも、連続で出場参加を決めていて、それらの経験を基に熟知されてきている様にも思えますし、それに若い選手も随分と躍進してきている様に思えますので、さらなる上位を目指していただきたと、素人ながら応援しております。

ところで、大変、失礼なことだと思えますが、国内でのサッカーを閲覧すること稀で、イタリアなどヨーロッパでの観戦は、時間が合えば見ることもあり、トップ選手のプレー、手に汗握るようなスリリング感で気がつくと真夜中!!

そんな経験をしたことがもあるので、いずれはサッカーファンになってしまうのかもしれません??

今回のワールドカップの開催は、来年の6月から開始される様ですが、それまで、さらに技を磨いていただき、ファン心理の乏しい自分でも魅了し躍進できるよう祈ってやみません。

近い将来ヒューマンからロボットに!?

十数年前であれば、実在さえもされていなかったと思えますが、近年では当たり前に存在されているようです。

また、そのインフラによって様々な企業も増えており、その様な記事がニュースでも取り上げられています。

その逆で、繁栄企業であっても時代の流れに阻まれてしまっていることも事実の様です。

接客はロボットが行なってくれる?

自分もインフラを利用して、使用頻度の高いインターネットでの買い物も、頻繁に行ってしまっております。

しかし、インフラを便利に利用している反面、それぞれの環境に依っては、人間に変わってロボットでのオートメーション化も進んでいる現在、職を奪われてしまっていることも事実の様です・・・。

さらに近未来の時代になってくると!?

貧富の差も、顕著になってくる様に思えるのですが、皆様は、近い将来、どの様にお考えでしょうか??

ブログにある画像をご覧いただいても、お分かりになるかもしれませんが、AI知能なども進化し、どんどん汎用価値も高まりつつあるだろうと思えますので、経費のかかる人材については、不要と判断される可能性も起こり得る様に思えます!?

それが、現実となってしまう前に、学校教育にしても、必然的に変化も必要だと思えますし、その変化に対応されることも必須だし、独自の発想を模索することが、唯一、人間に与えられた能力と受け止めなければならいのかもしれません??

とはいえ、どの様に思考して良いのかについては、全く、思い浮かびませんが・・・。

お盆も営業しております。

お盆でもお電話ください。

都会ではキイロスズメバチが増殖中!?

中四国内では、スズメバチが繁殖することは少ない様に思えますが、しかし、近い将来??

都会と同様な状況になることも、考えられのかもしれません!?

少し話が変わりますが、現在、ニュースなでもご確認いただけるかと思えますが、あの蟻「ヒアリ」!!

その他にも沢山の外来種の存在が確認されている亀、淡水魚などなど・・・。

逆に日本国内の在来種が、世界の所々で繁殖されてしまっていることも実在されているそうです・・・。

キイロスズメバチの繁殖能力が凄い!?

世界各国で輸出入が頻繁に行われている現在、致し方ない様にも思えますが、まずは、自然環境の重要性を、十分に認識することが大切なことなのかもしれません??

キイロスズメバチについても、同様なのではないかと思えます??

また、ツキノワグマに対しても、同様なことではないでしょうか!?

ニュースの内容では、昔であればツキノワグマ自体、人間を避ける様にしていたそうですが、今では、人間は「エサ」だと認識されてきてしまっているようです?

人間ほど進歩も速くはありませんが、しかし、一度でも学習されてしまうと、永劫的に本能として備わってしまうことも考えられます。

いずれの状況についても、「鉄は熱いうちに打て」同様、初期の段階で手を尽くしておかなれば、後手になってしまうと、最終的には手に負えなくなることも考えられますので、人類・子供のためにも、自然環境の保全に努めたいと思います。

猫から人間に感染死亡は世界初の事例。

一般的に猫と呼ばれる動物は、かなり可愛い存在だと思えます。

また、その可愛い存在の猫であっても、野良として活動されている状況も考えられる様にも思えますので、これからは、その野良に触れる時には、十分、気をつけなければなりません??

今回、初めてのことだと思えるのですが、人間に対して初のの感染死亡例が確認されてしまった様です。

感染されること自体、頻繁に起こることは少ない様に思えますが、予備知識として、脳裏の片隅にでも記憶を留められていても良いのかもしれません?

文明も、かなりの速さで進歩されてはいますが、その逆な状況になってしまうことも考えられますので、新たな病気が現れてしまうことについても、忘れてしまってはならない様に思えます・・・。

飼い猫以外の場合・・・。

今回のネットニュースに依ると、野外の草むらなどに生息するマダニが媒介し、感染症を引き起こした猫に噛まれたことで引き起こされてしまった様です。

特に猫の場合、犬よりも外出される頻度も高くなっている様に思えますので、飼い猫であったとしても、感染症に侵されることも多い様に思えます?

また、この度の死亡例に挙げられているのは「重症熱性血小板減少症候群」と言われるもので、哺乳類から人に感染し生命が奪われたのは、世界初の事例だということが、非常に大きな話題になってしまった模様です。

余談ですが、一般的な感染症として、初めて日本国内で発症されたのが、平成23年からだと言われており、今年6月末日までに266人が発症されたようで、その内の57名の方たちの生命を奪ったそうです。

死亡率として21%にも上る状況となっておりますので、十分、お気をいただきたいと思います。

PAGE TOP