ホーム>国方防虫化学株式会社スタッフブログ

国方防虫化学株式会社スタッフブログ

高松市管轄の施設も耐震不足!?

高松市管轄の大規模施設の約9棟が耐震不足と診断されており、改正耐震改修促進法に基づき1981年以前に建てられた高松市内の公共施設やホテルなどが、改修および、改善などの検討が行われることになるようです。

高松市管轄の大規模施設なども耐震不足。

この様な大掛かりな施設でなくとも、個人で依頼をした家屋などについても、耐震不足に不安を感じてしまうことはりませんか?

おおよそ1981年以前に施行されてた建物などについても、倒壊の可能性は高いと囁かれていることもあるようです。

その上、住宅の一般的な建築方式の場合、さらに地震への対策を施すため、耐震補強を望まれる方も多いのではないかと思えます。

しかし、住宅全ての補強をされるとなると、施工費など多額になるケースもあるかもしれませんので、まずは、普段などでよく利用される部屋への補強をされることも、重要なポイントの高い手段になるのではないでしょうか?

国方防虫化学では、基本的に住宅の補強事業も行っておりますが、改築など、すこし大掛かりなことについても、当社の充実したネットワークの構築で満足いただけるご対応をさせていただいております。

そうの様になってしまわれると、予算的にも思った以上の支出となることも考えられますので、まずは、住宅の部分への補強対策から、お始めになるのも良いように思えます。

おそらく、それらのノウハウ的なことについては、殆どの方たちにとっては、理解しがたいところも起こり得るように思えますので、そのあたりの不足分への知識の補充対策にも、国方防虫化学へお気軽にお問い合わせいただければ、お役立ちいただけるかと思えます。

住宅を建てるというのは、どちらかというと一生に一度の経験だと思えますので、まずは、当社へ、まずは、ご相談いただければ幸いに存じます。

きっと、ご満足なご相談いただけるよう頑張りますので、ぜひ、下記のフリーダイアルへお電話ください。

スタッフ一同、皆様のご連絡を心よりお待ちしております。

国方防虫化学 フリーダイヤル

電車で地震に遭遇したら!?

地震は、いつ何時、遭遇されるのかが、全く予想することができません!!

今日は、その想像ができない地震についてのお話をさせていただこうかと思います。

画像をご覧いただくと、ご察しできるように思えますが、特に都会にお住いの方たちにとっては、利用されることも多いかと思えます。

また、特に朝夕のラッシュ時には混雑も予想されますので、ブログに書かれるような方法は、できない可能性が高いかもしれませんが・・・。

では、一般的な時間帯で地震が起こった時、基本的な避難方法として、まずはガラス窓から離れることが重要なようです!?

次に、姿勢を低くし、ガードが行えるもの、例えばバッグなどを持っているようであれば、それを利用して頭部・首筋を保護し守りましょう。

電車で地震に遭遇してしまったら!?

そして地震が収まるまで待機をしますが、もし、電車の車掌さんなどから指示があれば、それに従う様にされると良いようです。

しかし、ここで先ほどでも述べた様に、ラッシュ時の満員時間帯であれば、地震の揺れなどに因って、人間自身が凶器に変貌されることも想定しなくてはなりません。

逆に考えれば、中央付近で低い体勢でいるよりも、人からの圧力を受けにくいドア付近あたりが安全と考えられるようです。

その時、その時点によっては、安全対策は異なってしまうということも、十分認識しておきましょう。

また、電車の車両によっては、座席が異なりますので、それぞれ、それに沿った対処が必要です。

とは言え、あまり沢山の知識を詰め込むよりも、いざという時こそ、いかに効率よく非難するかが重要な要素となるよう思えますので、ご自身の普段の環境に照らし併せて学習されておくことをお勧めいたします。

現在、スマートフォンなどの携帯電話をお持ちだと思えますので、SNSとかゲームなどされていることもあるかもしれませんが、もし、ちょっとした合間もあればホームページで調べてみても良いかもしれません?

自分自身も、もちろんゲームが非常に好きで!!

しかし、それよりもプログラム系の言語を覚えることも、結構、好きな方ですので、そんな学習もついつい行っていたりもしています。

意外なところで、意外なビジネスも生まれるかもしれませんので、日々、学習されるておくことも、お勧めしたいと思っています??

いつ起こるかもしれない地震・・・。

待ってはくれませんので、今からでも、ぜひ、ネットで調べてみてはいかがでしょうか??

マナーを重視したノックの回数とは?

タイトルにもあるような案件が、起こってしまったそうです。

ある会社の面接試験だったと思うのですが、ドアをノックし面接官がいらっしゃる部屋に入室しようとした時、面接官から面接の必要性がなくなったので、お帰りください。と・・・。

いったい何が起こってしまったのか、お分かりになられましたでしょうか?

その時のお話を大まかに説明させていただきますと、会社の面接応募をしようとした方が、面接者の部屋に入ろうとした時、まずは、一般的なマナーだと思い込みながらノックを2回行ったそうです。

その2回ノックを行った瞬間に起こってしまったそうです。

普通のマナーで考えると。2回ノックは、どうもマナー違反だと判断されてしまいこともあるらしく??

実は、ノックを行う際のマナーとして考えられるのは、2回ノックはトイレの確認をするときに行う行為だと考えてられており、そのノックが、どうも非常識であったことが挙げれらてしまった模様です。

せめて3回のノックが必要なようで、本来のマナーとしては4回ノックするのが正解だということらしいです。

グローバルになりつつある現在、外国人が責任者となられることも多数実在しておりますので、そのあたりのマナーも重要な要素と考えられることも多くあるように思えます。

訪問時の正式ノックは4回だそうな・・・。自分でも、そのような重要性があるということ事態、全くをもって、つゆ知らずで育っきておりますので、お恥ずかしい限りであります。

営業などでも初めてお会いするお客様に対して、特に、開き戸のような場合であれば、最低でも3回のノックをされることをお勧めした方がよいように思えます。

常識的に詳しい方だった場合、2回のノックを行っていると「ここは、トイレじゃない!!」っと気分を害することもあり得る!?

その様なことが、もしかすると、起こってしまっているのかもしれません。

常識を知っているとか、知らなかったとかを考える前に、まず、基本的に3回のノックをされることで、無用な害を及ぼさないように思えます。

営業・業務に関わらず、どのような仕事であったとしても、まずは、そのあたりのことについても頭に入れておくことで、円満なビジネスチャンスに巡り会えて来ることになるのかもしれません・・・。

アイシネンのお陰で「毎日が春!」です?

新しい時代になり、また、新しい技術も、どんどん進展してきています。

しかし、それに反してなのでしょうか??

地球環境は、寒さ厳しく、夏は暑くなってきているように思えたりもしています!?

因みに、本日?

北海道の旭川市で、氷点下26.6度っと日本一最も低い気温に達してしまったとか!!

そんな寒い北海道も、室内に入ると、西日本の人たちでは考えられないほどの、暖かい部屋に変貌してしまっていることを、テレビで知ることができました。

その寒暖対策も充実してきている現在、中四国も家の壁に断熱効果の高い新建材技術などが活用されてきています。

今の時代、外で遊ぶことが嫌いになってきちゃう!?

北国の様な痛みを痛感するほどの寒さまでとは言えませんが、やはり中四国でも、その冬の寒さには、辛くかないません!!

そんな寒さ・暑さにも、春のような心地よい空間を、国方防虫化学がご提供されているのは、ご存知でしょうか??

全く新しいコンセプトの素材を使って、それも、耐久性も非常に良く、炎にも燃えにくい建材を、家屋丸ごとパラダイスに進化させる様な画期的な素材で、ご提供させていただいております。

国方防虫化学では、家を建てるのではなく、家を守るための技術・技法をふんだん・くまなく充実させ完成度を高めております。

テレビコマーシャルなどでは放映されていないようなところなど、見えないところですが、しっかりとフォローをし、お客様への安全をサポートしております。

家屋の新築はもちろんのこと、様々なリニューアルなどにも、お客様に満足いただけるサービスも行っておりますので、ぜひ、お気軽にご相談いただければと思います。

詳しくは、国方防虫化学ホームページ アイシネンをご覧いただけますので、ぜひ、ご確認ください。

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

メタボには十分ご注意を!?

飽食の時代なのでしょうか?

それとも、時代と共に体を動かさない時代に突入でもしたのでしょうか?

そのような関連もあるかと思うのですが・・・。

それらによって、タボに陥ってしまっている方も、大勢増加傾向にあるそうです!?

ところで、あいにくワーストの香川県では、また、上位に進出されているようです。

そのような内容で上位にはなりたくはないのですが・・・?

それは、もしかしたら!?

うどんの食べすぎも含まれているのでしょうか??

「うどん」旨いんですよね!!

その様に言われとしても仕方がないところが、悔しい思いでおります。

そのうどんへの因果関係も含まれれているかもしれませんが、その上に、早食いという罠も潜んでしまっているかもしれません!?

また、炭水化物をふんだんに食することで、メタボに陥り、健康被害になってしまっていることも考えられますので、ぜひとも健康の為に、また、子供、奥さんたちのへの幸せの為にも!!

ところで、あまり関係はないのかもしれませんが、当国方防虫化学の男子社員たちは、どちらかというと!?

メタボになってしまっている方は少ないように思えます??

それは、業務内容で汗をかくことが多いからだと思います?

要は、脂肪の燃焼効率が高いからだと思えます。

どちらかというとデスクワークなどの業務を行っている方であれば、筋力を使うことが少なくなってしまっているのではないでしょうか?

もちろん、余談のお話ではありますが・・・。(-_-メ)

ところで、四国四県内でも、結構、上位の記録を樹立されているような・・・?

おそらく、四国内においては、自家用車の利用が多いということもあるのではないでしょうか?

自分が、都会に住んでいるときは、電車で通勤するこが多く、また、通勤にしても、結構時間がかかっていました。

その上、歩るく頻度も高くなっているので、その辺りのことで消費が高まっているのかもしれません?

それぞれの環境によっては、メタボの数値にも影響を及ぼしてしまっているのかもしれません!?

些細なことですが、塵も積もれば山となるの格言通り、多少なりとも、歩く努力をしたいものだと思います。

自分も、最初は歩くことが、面倒で大嫌いだったのですが、慣れというものは怖いもので??

慣れてしまえば、歩くことを生きがいに感じてしまっている自分が存在しています。(-_-;)

また、プラスアルファとして、炭水化物なども食べないように努力しています。

炭水化物は口にうまいので、油断をすると消費量が多くなってきますので、体に脂肪がつきやすくなってしまう傾向にもあるので、注意が必要だと思います。

この様な健康管理もしたいと考えていたのですが、なかなか縁もなくて・・・。

いつ頃だったか忘れてしまいましたが、日曜日の四国新聞に掲載されている健康新聞だったでしょうか??

それが縁となって、多少なりではありますが、健康に興味を示すようになりました。

運転時には注意が必要!?

万が一のことも考えなければならいかと思えますので、まずは、運転席の足元などへは、モノなどを置かないようにしたいものです!

もちろんだと思えますが、余分なマットなども、原則的に禁止されているようなので、設置しないようにしなければなりません。

しかし、大切にしたいと思える自家用車などであればなおさらのこと!?

愛情深く接したい気持ちも察知することも可能だと思えます??

また、長時間の運転をもされてしまう場合、特に居住空間を良くしたい!?

そんな想いで、環境の整備などをされれることも考えられるのかもしれません?

マットもそうですが、ペットボトルなんかも!?しかし、もし、それが!?

今回の様な事故を起こしてしまったかもしれない??

二重マットが原因だとするならば!?

だとしたとしても、システム的に言えば、アクセルとブレーキを同時に操作すれば、基本的に、ブレーキが優先される仕様になっているそうです。

今回の事故、様々な憶測などもあるかと思えますが、自動車メーカーの方たちにとっても、かなり心拍数が高くなってしまっている状況なのではないでしょうか??

ずいぶん昔の話になりますが、とあるメーカー側が起因した事件があったような事案も記憶していましたので、個人の責任にされてしまうことについては、避けたいと申しますか、事実を知らせて欲しいと願っていたいです。

今回の事件、様々な憶測の状況なのですが、もしかすると、大きな事故に発展してしまう可能性も考えられるのかもしれません??

そのような事態も考えられる為、各関係者においては、滞りなく慎重に捜査をせざるを得ない状況なのかもしれません?

最後になりましたが、事故でけがをされた皆様にお見舞いを申し上げると共に、命を奪われてしまった皆様には、心よりお悔やみを申し上げたいと思います。

本日より洗濯表示が変わりました。

洗濯表示が、本日より変更されており、22個だったものが41個にも増えいるそうです!

また、今回から、さらに指定の条件が明確化された様にテレビで聞きました。

以前であれば、水洗いの指定が曖昧な場合もあったように思えるのですが、今月からは、原則、必須?絶対!?

そんな規制になってしまったようです。

洗濯表示の基準が難しくなっています??

そんな訳で、まずは、記載されているマークの確認からされることをお勧めしたいと思います。

当国方防虫化学では、コインランドリーの運営も行っている関係上、そのあたりのことも含めて、詳しく認識しておかなければ、折角、きれいに仕上がるところを、逆に素材を傷めてしまう場合も考えられますので・・・。

なお、消費者庁へのリンクも張っておきまずので、ぜひ、ご覧いただければと思います。

しかし、現在、ご利用されている衣装に対しては、今まで通り使用されていても大丈夫なように思えます!?(自信はありませんが・・・。)

とはいえ、新しく購入される衣装については、しっかりと把握してご使用されてることをお勧めします。

でも、クリーニング店にお任せすれば大丈夫??

そう思われている方も大勢いらっしゃるかもしれませんが、自分の場合、随分前に僅かですが失敗をした経験がありますので、表示に詳しいクリーニング店にお願いする方が賢明なようにも思えます!?

消費者庁のパンフレットを見てみますと、あまりも多い表示マークがありますが、一番に重要だと思えることが一つ発見しました??

×印が表示されているマークは、特に注意すればよい様にも思えているのですが、詳しい方にとっては、そんな単純な問題ではない!

そう思われてしまうかもしれませんので、十分に考量されますように!!

あくまで自己責任でお願いいたします。

新しい洗濯表示(消費者庁)

糖尿病はうどんが元凶??

とあるニュース記事で、香川県人での糖尿病が、全国3位にあがってしまっているそうです!

その原因とされているが、もしやうどんではないのか??的なことが書かれてありました。

基本的に、可能性を指摘するよりも、うどん文化が近くに存在しすぎている??

全般的に昼食時、かなりうどんを食べる方が沢山いらっしゃるように思えるのですが、その上、更に、おむすびとか揚げもの!?

確かに割安で、時短的にも有効だと思えます。

しかし、考えようによっては、炭水化物と食塩が、結構、使われている??

とはいえ、讃岐うどんは、非常に美味しい!

自分も、讃岐うどんは大好きです!!

まさに炭水化物と塩分、しっかりと食べていました。

偏りすぎるのはダメだと思います?

なので、まず、うどんだけ食べて、汁は飲まない!

また、食べる時には、うどんと、それに練り物だけではなく、野菜と魚類を食べるようにしています。

食べる順番としては、まず、吸収率の良い野菜から食べるようにしたり、また、話は変わりますが、肉でも魚を食べる様であれば、野菜よりも、まずは、魚を先に食べたりしています。

ある番組内の教授に聞きた様に思えるのですが、脂肪分が魚の方が吸収率が高い?

よって、排出もされやすいそうで、牛などの肉だと体内に蓄えやすくなって、体に脂肪がつきやすい??

だと言うことのようです!?

そして、最後に炭水化物を食べるようにすると、血糖値も上がりにくい?

このように偉そうなことを書いてありますが、自分自身、そんなことを聞いたこともなかったので、しっかりと糖尿病になってしまっています。

しかし、今回のような事柄を実践したことが功をなしたのか??

ここ何年も血糖値は安定しており、血圧に至っても、以前とは比べものにならない程、安定していると思います。

以前では、暴飲暴食も行ってきていましたが、現在に至ったては、健康管理を主に考えてきていますので、適量での食事を心がけるよう努力をしています。

何れにしても、うどんが糖尿病に悪いのではなくて、バランスの摂れる食事をしなければ、体の健康を脅かすということになるように思えます?

罹ってしまっては、手遅れになることも考えられますので、十分にご注意されますように・・・。

健康にカカオ!?

カカオが健康に良いとするならば・・・!?

チョコレートも健康に良いということになるのでしょうか??

しかし、糖質が加わっていると、ある意味、害を及ぼしてしまうかもしれません??

無糖であれば、糖尿病にも効果があるといわれているようです。

もちろん!?

血圧作用にも効果があると注目されているそうです。

2016117142259.jpg

そんな記事を先週目にしまして・・・。

早速、購入させてもらいました。

また、カカオ含有率が70%以上となっていますので、結構、お高いチョコの仕様に仕上がっているようです。

と言っても、食べてすぐに効果が上がるようなこともないようですので、かなり、長時間の月日がかかってしまいそうです。

まずは、それを習慣づけるために、努力をしていかなくてはなりません・・・。

そのような時には、やはり夫婦の絆?

習慣させるためには、それが非常に重要な要素になるように思えます?

また、夫婦共に食するということについても、習慣させるためには、必要な要素となるように思えます。

些細なことになるのかもしれませんが、それが意外に??

睦まじい仲にもなってくるのかもしれません??

テレビの番組だったと思うのですが、家庭内での会話で、男性の場合、どちらかと言うと面倒だと感じるため、あまり会話をしない??

逆に女性の場合は、様々な会話をすることが多いらしく!?

そのたわいのない会話の中でも、情報を構築しながら相槌も打ちつつ且つ、話を盛り経てていく??

そんな内容のことをテレビで話していました!?

なので!?

夫婦で会話をするときには、奥様の話を折らないように、そして、その話に賛同をする??

それが夫婦円満につながるそうです!?

っと、ブログに書き込む旦那でした・・・。

PAGE TOP