ホーム>最新施工事例>害虫・害獣駆除事例>天井裏のニホンミツバチ営巣の様子。
害虫・害獣駆除事例

天井裏のニホンミツバチ営巣の様子。

天井裏のニホンミツバチ営巣の様子。
天井裏のニホンミツバチ営巣の様子。

ご覧いただいたようにミツバチの巣は、駆除しにくいところに営巣するものが多く、蜂自体の駆除よりも、むしろ蜂の巣と蜂蜜の駆除と言った方が適切なのかもしれません。

また、天井裏での作業、特に夏場の作業は蒸し風呂に入っているような状況での駆除となりますので、体力的にも、非常に困難な状況で行わなければなりません。

しかし、駆除のご依頼をいただいた状況下では、ほとんどの場合、営巣から蜜が垂れ流れている状態になっている時が多く、巣も大きくなっていることが多い上に、スピーディな駆除が求められます。

日にちがかかってしまうと、蜜が天井裏から柱などを伝わって、床などの汚れに繋がったりします。

また、蜜が流れているところを発見し、ミツバチの巣があることに気づくのは、まだ良い方で、膨れあがった巣の重さで、天井がミシミシと音を鳴らして崩れ落ちてしまう時もあります。

そうなってくると駆除のみではなくて、修繕費まで必要になってくる場合もあります。

そうならない為にも、普段から家の周りを観察し、蜂が頻繁に往来していないかなども注意し、見回ることもお奨めします。

もし、蜂が往来する状況を発見したら、お気軽に国方防虫化学へ、お問い合わせください。

小さい内に営巣を駆除することが被害を抑えることにも繋がります。

害虫など、何か不審なことなどがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ時に、営巣の可能性がある場合には、調査に向かわせていただきます。

 

様々な駆除のプロ集団、国方防虫化学が解決に向かいますので、ぜひ、ご連絡ください。

PAGE TOP